個人商店がWEBの力を利用するとどうなるか

WEBデザイナーの平均年収はどの程度か

個人商店がWEBの力を利用するとどうなるか WEBデザイナーの平均年収は、360万円程度だと言われています。これはただコーディングができるというだけではなく、きちんとSEOを意識したサイト作りがある程度のスピードでできるレベルの話です。駆け出しの時代に限るのであれば、平均年収はさらに低くなるのが当たり前です。WEBデザイナーは経験が非常に重要な仕事なので、プログラマのように歳を取れば使い物にならなくなるということもありません。むしろ歳を取ったときのほうが、いい仕事ができる可能性が高いです。

ただ、WEBデザイナーといっても、実はピンからキリまであります。デザイン能力に優れていて、作家性を重視される有名デザイナーも存在しています。そういった人なら、年収1000万円ももちろん狙うことは可能です。自分の事務所を立ち上げて経営者になれば、それこそ青天井で年収は伸びていきます。さらに、同じWEBデザイナーであっても、アドオンの作成ができるかどうか、JavaScriptができるかどうかで年収は変わります。もちろん、付随するスキルが多ければ多いほど、年収アップは見込めます。ある程度のスキルが揃っているなら、500万は軽々稼げます。もちろん、コミュニケーション能力も重要な要素です。

オススメワード

Copyright (C)2019個人商店がWEBの力を利用するとどうなるか.All rights reserved.